女性

開始の時期や流れ

婦人

必要となる準備や手続き

不動産の任意売却は、早めに決断し、手続きを進めていくことが必要とされています。というのも、住宅ローンの滞納が続くと、その不動産は債権者によって競売にかけられることになるからです。債権者にもよるのですが、競売準備は滞納期間が3ヶ月になった頃から開始されます。正確には、まずは1〜2ヶ月滞納した段階で、債権者からは督促の連絡が複数回来ることになります。それに応じなかった場合に、債権者は競売の準備を始めることになるのです。こうなってから任意売却を決めた場合、債権者に競売を待ってもらうための交渉が必要となります。しかし競売準備が開始されていない場合には、その分余裕をもって任意売却を進めることができるのです。任意売却ではまずは、不動産の買い手募集のための宣伝をします。もちろん、早く売ることができ、なおかつ住宅ローンを多く返済できるような売却価格を設定することが必要となります。買い手がついたら、売買契約をした上で代金を受け取り、それを使って住宅ローンを返済します。これにより残債の額が明らかになるので、それをどのくらいの期間をかけて何円ずつ返済していくのか、債権者と話し合います。さらにこういった手続きと並行して、新居を探したり荷造りをしたりといった、新生活の準備を進めていきます。このように不動産の任意売却には多くの手間隙がかかるのですが、昨今ではその大部分を、仲介業者に任せることが可能となっています。宣伝や売買契約や債権者との話し合い、さらには新居探しまで引き受けてもらえるため、依頼することで手間隙は大幅に少なくなります。

湘南で最も人気がある場所

レディ

神奈川県の鎌倉市は、湘南エリアを代表する観光地です。しかし、近年では居住の場所としてのニーズも高まってきています。鎌倉エリアにおいては、駅前の不動産屋さんを利用することで、より良い物件を探すことが可能です。賃貸物件でも分譲物件でも探すことが出来ます。

もっと詳しく

サービス利用のメリット

空き部屋

空き家を所有することは、その所有者は空き家に関わる責任をすべて負うことになります。時には、大きい問題などに発展してしまう恐れもある為、空き家の管理は重要なことだといえます。サービスを理解し、必要であれば利用するのがおすすめです。

もっと詳しく

購入のメリットと注意点

集合住宅

中古マンションは、新築時の40〜50%の価格で売りに出されていることから、東京では高い需要があります。基本的にはリフォーム済みとなっていますが、購入後に不動産会社の紹介を受けてリフォームすることも可能です。ただし共用部分については、購入前に管理会社の実績などから状態を確認しておくことが大事です。

もっと詳しく